fc2ブログ

行ってきた。『ボストン美術館 日本美術の至宝』展。

  1. 2013/05/21(火) 21:54:11|
  2. 気になることいろいろ♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
東洋美術の殿堂と称されるアメリカのボストン美術館は、世界随一の在外日本美術コレクションを誇り、国内でいうところの国宝・重要文化財級の優品も数多く所蔵しています。
そのコレクションは、明治時代に教鞭を執るために来日し、後にボストン美術館日本美術部長となったフェノロサ(1853-1908)や、彼とともに東京美術学校(現東京藝術大学)設立に尽力し、後にボストン美術館にも在籍した岡倉天心(1863-1913)などによって形成されたものです。
本展では、フェノロサ、日本美術収集家であったビゲロー(1850-1926)の優れたコレクションを含む日本美術の名品をこれまでにないスケールで紹介します。 (公式ホームページより)

そう。日本の美術品が里帰りというところに惹かれて行ってきた。

boston01.jpg










久々の天王寺公園。

天王寺公園01

昔、私も遠足にきた記憶が・・・。メインは動物園だったけどね。

美術館の建物も、レトロで雰囲気がある。

大阪市立美術館01

大阪市立美術館02

古くは平安時代のものから明治まで、いろんな作品が展示されていた。

中でも圧巻だったのが、『吉備大臣入唐絵巻』と『平治物語絵巻』。

前者は、吉備大臣が唐へ渡って皇帝に拝謁するまでを描いているのだが、
とてもユーモラスで見ていて思わず笑ってしまった。

kibi01.jpg



そして平治物語。
これはとても緻密な描写で、迫力があった。

heiji01.jpg



そしてポスターにもなっている曾我蕭白の『雲龍図』。

unryu01.jpg

さすがの迫力。
自分が辰年なもんで、意味もなく「ご利益がありそう。」などと思ってしまった。




天王寺公園02

帰りにちょこっと公園を散歩。

天王寺公園03

なかなかのどかな風景が

天王寺公園04

癒された1日だったわ。






↓よろしければポチッとお願いします♡



↓↓ここもクリックしてみてネ♪
チャレンジ25 site

関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


<<天保十二年創業、角長の『こいくちしょうゆ』。 | BLOG TOP | ランチ♪ランチ♪>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback